難しいハチ駆除はプロに依頼

蜂との危険な遭遇

蜂が活発になる時期を避けるのがポイント!

蜂が最も活発に活動する時期は、8〜10月中旬です。そのためこの時期に駆除を行なうと、刺されるリスクも高まります。特に危険性がないようであれば、そのままにしておいて11〜3月に駆除作業を行ないましょう。この時期は女王蜂だけいることが多いため、より安全に巣を取り除くことができます。4〜6月も巣作りのはじめなので、遅くてもこの時期内に駆除を行ないましょう。

自分で蜂の巣を退治する際に活躍する道具

自分で蜂の巣を駆除するのであれば、事前の準備が大切です。万が一刺されでもしたら大変なので、しっかりと安全対策をしてから駆除に臨みましょう。以下の道具を準備しておくと安心です。

防護服はプロが使用しているものをレンタルしよう

蜂に刺されないように身を守るには防護服は欠かせません。通販で購入する人もいるでしょうが、実は業者の中には防護服をレンタルしてくれるところがあるのです。プロが使用しているものなので安心感は抜群です。ここでは防護服をレンタルするまでの流れをご紹介します。

問い合わせ

蜂の巣を発見したら、すぐに電話しましょう。ほとんどの業者は24時間・年中無休で営業しています。見積もりも無料で出してもらえます。

代金の支払い

レンタル代金は事前振込み、若しくはクレジットカード払いが可能です。クレジットカード払いの場合は、支払手数料が発生することがあるので確認しておきましょう。

TOPボタン