刺されて腫れたときはどうするの?

蜂との危険な遭遇

蜂は思いもよらない場所に潜んでいる!

蜂駆除業者に依頼して駆除作業をしてもらった話や、蜂に刺されてしまったという話はよく耳にすることでしょう。ですが、具体的にどのように駆除を行なったのか、どういった状況で刺されてしまったのか、と具体的にイメージできる人は少ないかもしれません。もしかすると、蜂の脅威は私たちの生活のすぐそばにあるのかも知れません。そこで、実際に蜂に刺された人や蜂駆除業者に依頼した人の体験談を紹介したいと思います。

蜂駆除にまつわる痛々しい体験談

まさかの場所に蜂がいました・・・(20代/Sさん)

靴を履いたときにチクチクとしたので何だろうと思い見てみると、スズメバチが出てきてかなりビックリでした。慌てて靴下を脱ぎ刺されたところを見てみると赤く腫れていて、みるみるうちに大きくなってきていたので慌てて病院に向いました。とても靴を履ける状態ではなく、蜂に刺されたところは組織が死んでいる感じで、2ヵ月程ジュクジュクしていました。早い段階で蜂の巣の存在に気づいて、駆除業者に駆除作業を依頼しておけばよかったです。

今でも蜂にビクビクしながら服を着ています。(30代/Nさん)

人生で一番痛かったのは蜂に刺されたときです。取り込んだ洗濯物をいつものように着ようとしたら、蜂が飛び出してきてお尻と太ももを刺されました。すぐに駆除業者を呼んで蜂の巣の駆除作業を行なってもらいました。かなりの激痛で、とても怖かったのを覚えています。もう蜂に刺されるのはごめんです。

もし蜂に刺されてしまったらどう対処したらいいの?

まず針を抜いて毒を絞り出す

ミツバチなどに刺されて針が残っていると、体内にどんどん毒が入ってきます。毒針の根本には毒嚢があるので、指で毒針をつまむと毒を押し出してしまったり、指に付いてしまったりします。抜く際はピンセットを使いましょう。そして刺された部位は、周囲を強くつまみ毒を出すか吸い出しますが、このとき毒を飲み込まないようにします。

刺された箇所を冷やす

蜂に刺された患部を冷やすことで痛みや腫れを抑えることができます。体は刺されたときの刺激で熱を持ち炎症が起こるので、そのままだと腫れてくるので冷やすことが大事です。このとき、保冷剤や濡らした布を患部に当てて冷やすと良いでしょう。

毒針や毒液を抜き、患部を流水にさらすなどして清潔に冷やしたら、次は薬を塗りましょう。このときに用いるのが、ステロイド剤入りの軟膏です。ステロイド軟膏はアレルギー反応を抑えて、腫れと痛みを緩和する効果があります。ただこれはあくまで応急処置に過ぎないので、しっかり病院に行くようにしましょう。

蜂に刺されないためには業者に蜂の巣を駆除してもらうこと!

蜂に刺されないようにするには、まず蜂の巣を駆除することが一番の解決策と言えるでしょう。蜂の巣が大きかったり、攻撃性の高い蜂だったりすると自分で駆除するのは難しいです。こういう時こそプロの手を借りましょう。

プロが教える業者を利用するメリット

蜂の巣は高い場所にもできます。 (蜂駆除のプロ)

蜂は巣を守るために、他の生き物の手が届きにくい高さに巣を作ります。地面から2メートル以上高い場合がほとんどなので、巣の駆除にはハシゴを使うことが多いです。蜂は獰猛な種が多いため、自分で駆除を行なった人が、巣の周りの蜂に攻撃されてハシゴから落ちるといった事故も起こっています。業者に任せた方が安心・確実です。

私たちプロの業者は再び巣を作らせないように対策をします。(蜂駆除のプロ)

蜂の巣を取り除いたからと言って安心してはいけません。その巣を作った蜂だけに最適な場所だったわけではないからです。全ての蜂にとって作りやすい場所であることに変わりはないので、他の蜂がそこに新たな巣を作る可能性は十分あります。

TOPボタン